生協くまもと

よくある質問・お問い合わせ

資料請求・加入申込はこちら

文字サイズ

タイトル:第2回防災と地域の広場inコープ春日を開催

~誰もが安心して暮らせる地域の基地をめざして~

生協くまもとでは、9月1日(土)午前9時30分~15時まで、防災の日に合わせて標題のイベントをコープ春日(熊本市西区)の店頭及び店内で開催しました。

このイベントは、生協くまもとの「安心してくらせる地域づくり」の方針に基づき、「防災シェルターとしての機能」「こども・高齢者をひとりぼっちにしない機能」「組合員のやりがい実現機能」の3つの機能をコープ春日で実現し、これらの取り組みを「安心してくらせる地域の基地づくり」(略称:春日プラン)として、広く組合員と地域にお知らせし、体験いただくために開催したものです。

会場には、災害時に簡易トイレとして使用できる「マンホールトイレ」3基や、通常はベンチとして使用でき、座面を外せばかまどにもなる「かまどベンチ」、生活用水の確保に役立つ「防災井戸」などが設置されています。来場された組合員の皆さんは各防災設備や機能の説明を真剣に聞かれ、使い方についても詳しく尋ねられました。防災井戸では、実際にポンプを動かして見る親子の姿が見られ「意外に重いね」など感想を言われていました。

また店内ではテレビなどで活躍中の防災士・柳原志保さんが「今すぐできる!おうち防災」と題して自らの経験をもとにお話をされ、身近な材料で作れる防災グッズを紹介されました。その他にもこーぷ喫茶や健康チェック、防災グッズや復興支援商品の試食販売、アクアクララの試飲会なども開催し、各コーナーには地域住民の方にも朝早くから見学に来られ、来場者は約1100人となりました。

今後も地域の方への周知と設備の点検・実地訓練も兼ね、定期的に開催していく予定です。


かまどベンチで防災食カレーを作りました

かまどベンチで防災食カレーを作りました

防災井戸のポンプを実際におしてもらいました

防災井戸のポンプを実際におしてもらいました

こーぷ喫茶で楽しい時間を過ごしました

こーぷ喫茶で楽しい時間を過ごしました

健康チェックのコーナー

健康チェックのコーナー

 

 

LINEで送る