生協くまもと

よくある質問・お問い合わせ

資料請求・加入申込はこちら

文字サイズ

「第20回生協くまもと旗近市郡肥薩ソフトボール大会」が開催されました。

~ドライイースト(伊佐市)がコールド勝ちを決め優勝!~

  5月22日(日)、エコパーク水俣特設ソフトボール球場において、第20回生協くまもと旗近市郡肥薩ソフトボール大会(主催:水俣市ソフトボール協会、協賛:生協くまもと)が開催されました。大会には、水俣市・出水市・伊佐市・阿久根市から選抜された6チームが参加しました。
(人吉の2チームは震災の影響で欠場)

  開会式では、水俣市ソフトボール協会の摂津会長と生協くまもとの廣田理事が歓迎と激励の挨拶を行いました。廣田理事の始球式で第1試合が始まり、熱き戦いが繰り広げられました。

  決勝戦に勝ち上がったチームは、伊佐市の「ドライイースト」と阿久根市の「武蔵」。結果は、決勝戦には珍しいコールドゲームとなり、5回13対0で西園監督率いるドライイーストが優勝を勝ち取られ、2連連続の伊佐市からの優勝となりました。
参加された選手のみなさん、真剣で熱き戦いをありがとうございました。

 【優勝チーム、西園敏博監督の談話】
この大会には、過去15~16回出場していますが、初めて優勝を果たすことができました。
優勝できたのはピッチャーの頑張りと、若い人たちの成長によるものです。

DSC05057

水俣市ソフトボール協会 摂津会長

DSC05061

生協くまもと 廣田理事

 

 

 

 

 

DSC05070

廣田理事による始球式

DSC05071

第1試合 熱き戦いが始まる!

 

 

 

 

 

 

DSC05074

いよいよ、決勝戦の幕開け!

DSC05075

スコアボードには、0が並び5回コールド

 

 

 

 

 

 

DSC05086

準優勝チーム:阿久根市「武蔵」

DSC05085

優勝チーム:伊佐市「ドライイースト」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る