生協くまもと

よくある質問・お問い合わせ

資料請求・加入申込はこちら

文字サイズ

水俣支所 被災地域の配達状況について

この度の豪雨災害により犠牲となられた方々のご冥福と被災された方々へ心よりお見舞い申し上げます。

水俣支所では今回の豪雨により大きな被害を受けた芦北地区・津奈木地区にも配達へお伺いしています。4日の豪雨からは、今日が2週目の配達日となりました。先週から比べると、片づけなどは進んでいるようですが、道路にはまだまだがれきや土砂が残ります。

今日も芦北地区は天気が崩れ、雨の中での配達となりました。配達担当は組合員さんのお宅や職場を11件訪問し、商品の配達と共に状況をお伺いして回りました。帰り際には「また雨が降ってきたので用心して下さいね」とお声掛けを行いました。また組合員さんからも「こんなときに大変でしょうけど、気を付けて下さいね。」と励ましの言葉をいただきました。

今日の配達では、前回お会いできなかった組合員さんともお話し出来る事も有りました。しかし、ご在宅のお宅もほとんどの方が片付けの最中で、「しばらく生協を取れる状況にない」とおっしゃる方も多くいらっしゃいました。また配達中のいつもの通り道でも土砂でふさがれて通れずに、狭いところを何度も切り返ししながらなんとか迂回したり、いつもの場所にトラックを停められずに歩いて商品をお届けしたりする場面もありました。

今後もしばらくはいつもとは違う状況下での配達をすることになり、組合員の皆様にはご迷惑をおかけすることになると思いますが、どうぞご理解・ご協力のほどよろしくお願い致します。最後にはなりますが一刻も早い復旧と、皆様のご健康を心からお祈り申し上げます。

 

土砂が残る道を通り商品をお届け

土砂が残る道を通り商品をお届け

公園に集められたがれき

水に浸かり使用できなくなった家財道具類が公園に持ち込まれていた

 

 

 

LINEで送る