生協くまもと

よくある質問・お問い合わせ

資料請求・加入申込はこちら

文字サイズ

生協ひろしまの「お好み焼き隊」による炊出しを行いました~本場の味に舌鼓~

熊本地震の被災者に笑顔を届けようと、生活協同組合ひろしま(以下、生協ひろしま)の組合員ボランティアと職員(総勢6人)が南阿蘇村役場(5/29)、益城町の赤井仮設団地と馬水東道仮設団地(5/30)を訪れ、名物の広島風お好み焼き300食を振る舞いました。

生活協同組合くまもとからは、コープサポーター(組合員ボランティア)13人、役職員7人が参加し、一緒に炊出し支援を行いました。

生協ひろしまは、東日本大震災以降、被災地でのお好み焼きの炊出しを続けており、熊本は昨年に続き2回目の炊出し支援となります。


 

DSC_1266[1][1]DSC_1295[1][1]

 

 

 

 

今回、仮設住宅の住民の方にも参加をして頂き、一緒に作るところから交流を深めました。

参加した住人からは、「遠くから支援頂きありがたいです」「本場のお好み焼きを初めて食べたけどおいしかった」「焼き方を覚えて帰ります」などの声もいただき、次の再開を約束しました。

また、生協ひろしまの新入職員から寄せられた応援メッセージが、仮設団地の自治会長へ贈られました。


DSC_1302[1][1]

LINEで送る