生協くまもと

よくある質問・お問い合わせ

資料請求・加入申込はこちら

文字サイズ

熊本地震発生から10ヶ月


 


今回の熊本地震で被害を受けられた全ての皆様に改めてお見舞い申し上げます。

熊本地震 本震の発生から10ヶ月が経過しました。

復興元年と位置づけられている2017年。多くの家屋の解体が進み、道路は修復され通行可能となる箇所も増えてきました。


西原村大切畑にて7月に撮影

西原村大切畑にて7月に撮影

同地点にて2月撮影。手前の家屋など解体が進んでいる

同地点にて2月撮影。手前の家屋など解体が進んでいる


県道28号線(通称俵山ルート)にて7月撮影。道路の中央に段差が生じ、大人が中で横になれるほどの窪みも出来ていた

県道28号線(通称俵山ルート)にて7月撮影。道路の中央に段差が生じ、大人が中で横になれるほどの窪みも出来ていた

同地点にて。修復され通行可能となった県道28号線(2月撮影)

同地点にて。修復され通行可能となった県道28号線(2月撮影)

 

 

 

 

 


また、県道28号線沿いにある観光施設「萌の里」は一部営業を再会。レストランでは地産地消が自慢のだご汁が提供されていました。


一部営業を再開した「萌の里」

一部営業を再開した「萌の里」

レストランでだご汁などの提供を再開

レストランでだご汁などの提供を再開


「萌の里」から車で10分ほど移動した西原村の大切畑地区で「Sakata sweet」というお菓子屋さんを見つけました。

大切畑地区は震災で大きな被害を受けた地域ですが、半年後の10月にはお店を再建されたそうです。お店にはシフォンケーキやパウンドケーキ、クッキー、フロランタンなどのスイーツがたくさん並べられていました。

西原村周辺の道路事情はまだまだ万全とはいえませんが、そんな中でも営業を再開されているお店が他にもあります。南阿蘇方面にお出かけの際に立ち寄ってみられませんか?


「Sakata sweet」代表の坂田ちえさん

「Sakata sweet」代表の坂田ちえさん

お店の案内と地図はコチラ→(pdfが開きます)

 

今月はもう一つお知らせがあります。

震災後長らく臨時休園していた熊本市動植物園が、2月25日より土日祝に限り部分開園することとなりました。園内に子どもたちの歓声が戻る日も、もうすぐです。


2月25日からの部分開園を知らせる看板

2月25日からの部分開園を知らせる看板

LINEで送る