生協くまもと

よくある質問・お問い合わせ

資料請求・加入申込はこちら

文字サイズ

「第21回生協くまもと旗近市郡肥薩ソフトボール大会」が開催されました。

~ドライイースト(伊佐市)が2年連続の優勝!~

5月21日(日)、エコパーク水俣特設ソフトボール球場において、第21回生協くまもと旗近市郡肥薩ソフトボール大会(主催:水俣市ソフトボール協会、協賛:生協くまもと)が開催されました。大会には各地区より選抜された「男組・出水市」「大口電子S・C・伊佐市」「ドライイースト・伊佐市」「武蔵・阿久根市」「長島S・C・出水郡長島町」「スームズ・水俣市」「JNCソフトボール部・水俣市」「熊本岡次郎・水俣市」の8チームが参加しました。

開会式では、水俣市ソフトボール協会の摂津会長と生協くまもとの吉永理事長が歓迎と激励の挨拶を行いました。吉永理事長の始球式で第1試合が始まり、熱き戦いが繰り広げられました。

決勝に進んだのは、「熊本岡次郎」と「ドライイースト」の2チーム。 水俣ナンバーワン投手を擁する「熊本岡次郎」は第1試合と準決勝を完封で勝ち上がりました。また、「ドライイースト」は初戦に「JNCソフトボール部」を8対7で乱打戦を制し、準決勝も4対3と1点差で決勝戦に勝ち上がりました。

14時45分から始まった決勝戦では、「熊本岡次郎」背番号11の宮川投手が3連投の疲れが出たのか、1回表に1点、2回表には3点を取られて苦しい立ち上がりでした。
一方「熊本岡次郎」は、3回裏に背番号2の吉永選手のバントエンドランを足がかりに、ノーアウト満塁から走者一掃の2ベースで3点を返しました。
しかし反撃もここまでで、5回4対3で西園監督率いる「ドライイースト」が2年連続の優勝を勝ち取られ、伊佐市からは3年連続の優勝となりました。
参加された選手のみなさん、真剣で熱き戦いをありがとうございました。

生協くまもと 吉永理事長

生協くまもと 吉永理事長

摂津会長

摂津会長

吉永理事長による始球式

吉永理事長による始球式

8チームの選手団

8チームの選手団

審判団

審判団

第一試合が始まる

第一試合が始まる

優勝した「ドライイースト」の皆さん

優勝した「ドライイースト」の皆さん

準優勝の「熊本岡次郎」の皆さん

準優勝の「熊本岡次郎」の皆さん

LINEで送る