生協くまもと

よくある質問・お問い合わせ

資料請求・加入申込はこちら

文字サイズ

水俣市よりエコショップ認定の更新を受けました

生協くまもと水光社本店をはじめとする水俣市内の小型店4店舗が、今回も「水俣市よりエコショップに認定されました。

この取り組みは水俣市が1999年からスタートさせたもので、環境にいい店づくりやエコ商品の導入・販売など環境にやさしい取り組みをしている店舗を「エコショップ」として認定しているものです。認定審査は“ごみ減量女性連絡会議”が審査(実態調査)し、市長が認定しています。認定証の有効期間は3年間で、この間年1回の定期審査が行われ、無事再認定されました。

水俣市長より認定証が授与されました。

水俣市長より認定証が授与されました。

手すきの和紙で作られた認定証です。

手すきの和紙で作られた認定証です。


 

認定式の中で、出席した生協くまもとの廣田管理本部長より「レジ袋有料化取組みを始めて5年になりますが、マイバッグ持参率は常に90%以上を維持しています。これにより1月は月間でドラム缶21本分の原油量を削減することができました。この数値には市民の環境への意識の高さが表れています。今後も環境モデル都市みなまたの市民の皆様と一緒に、息の長い取り組みにしたいと思います。」と挨拶を行いました。

これに対し西田水俣市長より「レジ袋有料化の際には大変なご苦労があったと思います。長年ご協力をいただいたことが、環境モデル都市みなまたの称号につながっています。これからも意見を出し合いながら水俣らしさを打ち出し、自慢できるものを広げていきましょう。」との言葉をいただきました。

今回一緒に認定された、水俣市久木野ふるさとセンター愛林館・村田様(写真右端)、みなまた観光物産館まつぼっくり・佐々木様(写真右から2番目)、生活協同組合くまもと管理本部・本部長廣田(写真中央)、西田水俣市長(写真左から3番目)、ごみ減量女性連絡会議前田様(写真左から2番目)、林様(写真左端)

今回一緒に認定された、水俣市久木野ふるさとセンター愛林館・村田様(写真右端)、みなまた観光物産館まつぼっくり・佐々木様(写真右から2番目)、生活協同組合くまもと廣田管理本部長(写真右から3番目)、西田水俣市長(写真左から3番目)、ごみ減量女性連絡会議前田様(写真左から2番目)、林様(写真左端)

LINEで送る